もう夜露や霜に悩まない!!カメラ用USBレンズヒーター

ヒーティングホルダー(特許出願中)
ヒーティングプレート
(特許出願中)
取扱説明・PDF

 KANI 100Holder USBレンズヒーター・遮光板付きヒーティングプレート装着


KANI 100mm HOLDER

USBレンズヒーター・遮光板付きヒーティングプレート装着例

角フィルター押さえ板1枚とヒーティングプレートを差替えているため、周辺光量落ち・ケラれ等は、取付けるホルダーに依存します。

ヒーティングプレート仕様は、オリジナルホルダーと同じになります。
NiSi V5-Pro 100Holder System
遮光板付きヒーティングプレート取付説明
 KANI 100mm HOLDER



KANI 100mm HOLDERを用意します。
 KANI 100mm HOLDER 分解



KANI 100mm HOLDER本体から
角フィルター押え板をホルダー本体から分離します。

押え板の左右を入れ替えるとネジ穴が合わない場合がございます。
アダプターリング押さえようのピン等は分解しないでください

 KANI 100mm HOLDER 中間プレート



押え板を分解した際にホルダー本体と押え板の間にあるプレートを取付けます。

このプレートがホルダー本体付属スポンジの厚み高さ調整板になります。

この板とスポンジにより、遮光率が良くなると思われます。

 KANI 100mm HOLDER 仮留め
ホルダー本体側にヒーティングプレートを付けて、
押え板を分離後に左右の押え板を一枚ずつ抜いて、
(フィルター押さえ板を3枚から2枚に変更します。)
ヒーティングプレートと差し替えます。
押え板を片側ずつ仮留めし両側取付けます。

ヒーティング効果を高めるために、押え板と押え板の間にヒーティングプレートを取付けないください。
必ずホルダー側にヒーティングプレートを取付けてください。

フィルター押え板は2枚余ります。
 KANI 100mm HOLDER 仮留め



ホルダー本体とヒーティングプレートのセンター位置決めが出来ましたら、仮留めしていたビスを本締めしてください。
 KANI 100mm HOLDER ヒーティングプレート取付完了



ヒーティングプレート取付完了


 TOP | サイトマップ