注意事項

 USBンズヒーター・高耐久USBレンズヒーター
温度コントローラー 取扱い・他
 
USBレンズヒーター・高耐久USBレンズヒーター・温度コントローラーの
取扱い・保管方法


モバイルバッテリー以外のUSB機器にてのご使用は絶対におやめください。
乾電池式USB充電器やPC等に接続しないでください。


USBレンズヒーター・高耐久USBレンズヒーター・温度コントローラーをカメラレンズ以外に ご使用するのは絶対に、おやめください。

(手足や首等に巻いて温める等)

USBレンズヒーター・温度コントローラーを取付ける
際に、無理な力を加えないように取付けしてください。


特にヒーター部分や温度コントローラー基盤とUSBケーブル・ヒューズBOXの取り付け部分を折り曲げたりしますと、断線する恐れがあります。

USBレンズヒーター・高耐久USBレンズヒーター・温度コントローラー使用後は取外し、
太陽光の当たらない場所に保管してください。
(線が変色したり、劣化を早める恐れがあります。)

保管方法は、適当な大きさに丸めて付属のケーブルバンドで固定し付属のケースや、巾着袋等に保管してください。

USBレンズヒーター・高耐久USBレンズヒーター・温度コントローラー使用後に、
水滴等が付着していた場合は、拭き取ってケース内やUSB端子に水分等が残らないようにしてください。

 
USBレンズヒーター・温度コントローラーの電源


USBレンズヒーター・高耐久USBレンズヒーター・温度コントローラーの電源は、
モバイルバッテリー以外、ご使用にならないでください。
(車のバッテリーや乾電池等)


DC5V 1A~をご使用ください。

PowerIQ™テクノロジー搭載のモバイルバッテリーは
使用可能です。

PowerIQ™テクノロジー搭載の為どちらのポートに差しても出力は同じです。


モバイルバッテリー以外のUSBポートに接続するのは発熱し、発火する恐れがあり、大変危険ですので絶対におやめください。

乾電池でのご使用は、乾電池自体の抵抗値が高く、
乾電池自体が発熱し、液漏れや発火、ショートする危険が
あり、大変危険ですのでおやめください。

 
保管・運搬時


USBレンズヒーター・温度コントローラー使用時以外は、
モバイルバッテリーから必ず外してください。

 
取付け


必ずヒーーター線を二周巻きまででお使いください。

三周巻き等でお使いになられると、発熱しすぎる場合があります。
危険ですので、おやめください。


USBレンズヒーター又は高耐久レンズヒーターを温度コントローラーをレンズに取付ける
前に、温まるか確認してください。

ヒューズが切れている場合はミニガラス管2Aヒューズを交換
してください。

ヒューズ交換をしてもヒューズが切れる場合は、
モバイルバッテリーやレンズヒーターの不具合が
考えられます。
危険ですので、ご使用しないでください。

 
USBレンズヒーター・高耐久USBレンズヒーターの駆動時間について。


レンズヒーターの駆動時間は、使用環境で時間が変動します。

これはカメラ等のバッテリーと同じで、気温が下がりますとバッテリーも冷えて減りが早くなる等の為です。

 
モバイルバッテリー・USBレンズヒーター・高耐久USBレンズヒーター・
温度コントローラーの接点。


USBポートやUSB端子の接点は防水ではありません。
防水・防滴・ショート対策をお願いたします。

これを怠りますと、ショートし、大変危険です。

モバイルバッテリーを通気性のよい袋等にいれ、防寒対策も兼ねてよろしくお願いします。

雨や雪の降る中でのご使用はおやめください。
ショートする恐れがあります。

レンズヒーターの発熱温度では、水や雪を溶かして、瞬時に
蒸発させるだけの温度はありません。

あくまでも、夜露や、霜でレンズが曇らないように温めておく程度です。

 
分解・改造等について。


USBレンズヒーター・高耐久USBレンズヒーター・温度コントローラー等を、
分解・改造するのは絶対におやめください。

 
使用出来る、レンズの種類について。


プラスチックレンズには使わないでください。
溶ける程の温度にはならないですが、長時間の保温効果に
より、レンズが変形する恐れがあります。

ガラスレンズにてお使いください。

 
保証について。


保障期間は商品到着後、一ケ月とさせていただきます。

個人で制作販売しているため、USBレンズ用ヒーター・高耐久USBレンズヒーター・
温度コントローラー代金の返金もしくは、交換以外はできません。

カメラ用USBレンズ用ヒーター・温度コントローラーを使用した事によるいかなる損害も販売者は一切の責任を負えません。

正しい状況判断をしてお使いください。

現状として製作者は上記条件を守り使用しておりますが、
不具合はでておりません。

TOP | サイトマップ