検証動画


高耐久USBレンズヒーター強制結露検証

結露等による曇り・凍結防止、動作検証を行いました。

USBレンズヒーター          動作テスト (販売終了品)
高耐久USBレンズヒーター       動作テスト
球面レンズ 高耐久USBレンズヒーター 動作テスト
USBレンズヒーター強制結露テスト
閲覧出来ないかたはyoutubeからご覧ください。
https://youtu.be/gGibe1tSNAw
検証日時 2018年 1月27日
計測場所 長野県 諏訪市 霧ヶ峰 車山肩駐車場
標高 約1900M
測定条件 実際にヒーター装着撮影 約3時間後
天気 晴れ
外気温 約マイナス18度~約マイナス20度
強制結露方法 直接レンズに息を吹きかける
使用機材等
高耐久USBレンズヒーター 1本 二周巻き
モバイルバッテリー Anker Astro E4 第2世代 13000mA
カメラ ニコン  D3x
レンズ AF-S NIKKOR 18-35mm f/3.5-4.5G ED
レンズ径 77mm
保護フィルター有
アナログ温度計 アナログ温度計
撮影・強制結露テスト 撮影・強制結露テスト
撮影後、比較明合成した写真 撮影後、比較明合成した写真
高耐久・USBレンズヒーターはブレ防止の為、必ず三脚に固定してお使いください。
モバイルバッテリーをそのまま、袋等にいれて三脚のパン棒等に掛けておくと、風等の影響でブレが生じる場合があります。
三脚取付けのストーンバックの中に置いて使ってください。
常温 約20度でのサーモグラフィー温度分布 常温 約20度でのサーモグラフィー温度分布
TOP  サイトマップ
動作検証